ANTROは、英国食器『Burleigh』『Denby』の正規輸入代理店です

アンティーク・ビンテージ陶器の
お取扱いについて

 
  • お手入れは、ぬるま湯と食器用洗剤で優しく洗ってください。
  • 食器洗い機、電子レンジ、もちろんオーブンは使用しないでください。
  • 極端な温度差に弱いですので、カップに直接熱湯を注がないでください。 貫入が一気に広がる場合があります。
    一見貫入が見られない食器でも、熱湯を入れた途端に貫入が出る場合もあります。
  • ですのでお茶を淹れるときは、ティーポットで紅茶を作ってから注いでください。(多少温度が下がります)
  • お使いになったあとは、放置せずにすぐに洗ってください。
  • なるべく、漂白はしないほうが良いようですが、貫入に入り込んだシミなどが気になる場合はごく薄いごく薄いハイター液に30分ほど漬け置きし、そのあと水に30分漬けて、布巾で拭いてください。
  • ディスプレイする場合は、直接日光の当たるところや、極端な乾燥にお気をつけください。

当店で扱うアンティーク・ビンテージの食器は、すべてイギリスから輸入してきたものです。
大事に大切に使われていたものや、長い年月未使用で保管されていたものなど、出身はそれぞれ違うし、コンディションも様々です。
しかし、長い年月を経て、劣化していることには間違いありません。
とっても長生きしているおばあちゃんだと思って、優しく優しく扱ってあげてくださいね。

また、当店の商品は、想定される製造年から100年経過したものをアンティーク100年未満のものをビンテージと呼んでおります。

貫入・欠け・ヒビ、いずれもアンティークの風合いを楽しんでいただくという意味合いで、状態を明記して販売しております。商品説明をよくお読みになってご購入くださいませ。  

当店のビンテージ商品ページでよく出るワードをご紹介。

貫入(かんにゅう)

窯の温度調節が難しかった昔の陶器によく見られる現象です。
一見、ヒビのように見えますが、表面の釉薬(ガラス質のコーティング)に亀裂が入っているだけで、本体の陶器には損傷がありませんので破損品・B品とは異なります。
貫入が入っているということは、古い時代のものという証拠。
「貫入が入っていてこそのアンティーク!」という貫入マニアの方もいらっしゃるくらいです。未だコレクターの多い、古い時代のスージー・クーパーや、ホーンジーは、貫入の入っていないほうが少ないと思います。
一番下の写真のように写真のように(スージークーパー)、相当古いもので貫入に染みが入り込んでいるものは、アンティークの醍醐味として楽しんでください!

また、未使用と思われるほど綺麗なものでも、長年の保存状態により貫入が入っているものもあります。
また、一見貫入のないものでも、水につけると線が浮き出てきたりしますが、当店で販売しているものはすべて水を通して洗っていますので、貫入のあるなしは商品説明に書くようにしています。
貫入が入っていないものをお買い求めでも、熱湯を入れた途端に貫入が入ったりする場合もありますので、お取り扱いにはご注意ください。
また、普通にティータイムを楽しむ程度なら、紅茶が貫入に染み込んでシミになるということはないと言われていますが、気になる方はご購入を避けたほうがいいですし、使ったら速やかに洗うことをオススメします。
 

貫入例
貫入例 貫入例

ヒビ(ひび)

貫入が表面だけなのに対して、ヒビは素地まで亀裂が入った状態ですので、反対の面にも線が現れています。
貫入と違い、そこから割れる可能性がありますので、お取扱いにはご注意ください。  

ヒビ例
ヒビ例

欠け(かけ)

文字どおり、欠けているものの事です。
貫入・欠け・ヒビ、いずれもアンティークの風合いを楽しんでいただくという意味合いで、状態を明記して販売しております。商品説明をよくお読みになってご購入くださいませ。  

ヒビ例
ヒビ例

貫入・欠け・ヒビ、いずれもアンティークの風合いを楽しんでいただくという意味合いで、状態を明記して販売しております。商品説明をよくお読みになってご購入くださいませ。



『ビンテージ食器』のお買い物